読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆっくり技術ノート!

いつかきっとできるだろうよ

AppleScriptでiTunesのビデオにアートワークを付ける時に嵌った箇所

追記(2016.05.23)

iTunes 12.4からdescription of artwork 1 of the_trackがmissing valueを返すようになったようです なので

set artwork_description to description of artwork 1 of the_track
if artwork_description is missing value then
   ...
end if

となります missing valueはnillのようなものです

追記終わり

既に設定しているファイルをスキップする

既にアートワークを設定したファイルをスキップしたい時に音楽ファイルの場合は
if exists data of artwork1 of theTrack is false
if data of artwork1 of theTrack is not ""とすれば設定されていないことが分かる
だたビデオファイルの場合はビデオの中から自動的にサムネイルを作成してアートワークに設定してくれている様だった(違うかもしれない)

artworkの設定個数 scriptで出力されるファイル
0 artwork サムネイル
1 artwork artwork1
2 artwork artwork1 / artwork2

アートワークの説明を使う

そこでスクリプトでアートワークを設定する際にアートワークに説明(text)に任意のキーワードを設定して次にスクリプトを実行した時、説明にキーワードが設定されていたらスキップするようにした

set theDescription to description of artwork 1 of theTrack

if theDescription is "" then
    --アートワークの説明が設定されていない
end if

こうすることで1度このスクリプトで設定されたファイルはスキップできる

参考ページ

  1. itunes - Applescript editor not responding - Stack Overflow
    • exitsの使い方